現在『ウマ娘 プリティーダービー』にドはまり中!

【適応障害】なぜ『甘え』と言われるのか?①【抑うつ状態】

みなさま、ごきげんいかが?

素人の【しろーと】と申します。

紆余曲折ありまして心機一転、改めてブログをはじめることにしました。

いきなり真っ黒い話題のスタートで申し訳ございませんが!

何卒、よろしくお願い申し上げます。

目次

精神疾患の真の恐ろしさ

自分にしか、辛さが正しく伝わらないことだー!

昨今、徐々に増加中の心の病…メディアでは芸能人が【適応障害】になったり

昔から良く聞く【うつ病】であったり…

そんな私も世間のビックウェーブに飲まれ、【適応障害】【抑うつ状態】と診断されました。

正直、自分とは無縁と思っていただけにオドロキです!

これから自分自身がこの病気と向き合う為、

同じ病状を抱えている方や、無縁と思っている方へ、この記事を残します。

よく耳にする病気・状態

今回は【うつ病】【適応障害】【抑うつ状態】

以上の3つについて素人なりに解説させて頂きます。

似た症状ではあるものの、いずれも違うモノであると認識してください!

うつ病

精神疾患の中で最もメジャーな『病気』

症状としては凹む・落ち込む等、いわゆる気分がどん底の状態となり、

それによって心身に異常を及ぼします。

テンションが上下共に振りきれる【躁うつ病(双極性障害)】等いくつかの分類があります。

問題はストレスとの因果関係が確実とは言えず、治療にも時間がかかると言われています。

適応障害

昨今の流行りの『病気』

症状としては適応障害≒うつ病

こちらは【ストレスが原因であり、ストレスを取り除くと治る】特徴があります。

『休息』→『ストレス除去』→『改善行動』

概ね上記段階を踏んで6ヶ月以内には治ると言われています。

素人的感覚で言えば、6ヶ月以内に治る=適応障害、治らない=うつ病

抑うつ状態

これは『病気』ではなく『症状』であり、抑うつ状態=うつ状態

要するに【うつ病】や【適応障害】などで心身に異常が出ている状態をです。

症状としては…

・(生きる)気力が沸かず、何もする気が起きない【心的症状】
・(普段ならスルー出来るような)些細なことでイライラしたり、凶暴性が増す【心的症状】
・(身体的異常はないのに)頭痛・眩暈・吐き気・胸痛・不眠・etc…【身体的症状】

素人的感覚で言えば、【うつ病】【適応障害】などの気分が落ち込む病気だが、病名判断前なイメージ

普通の気落ちと病気の違い

嫌なことや失敗で気分が落ち込むことは【誰にでもある】と思います。

そして大多数の人はこの【誰にでもある】部分が【病気】だと思っています。

しろーともそうだと思っていました!

でも違うんです。

【誰にでもある】部分はキッカケでしかありません。

【気分が落ち込む】部分をキッカケにその先で起こる心身異常が問題なのです。

ちなみにしろーとは不眠が1週間ほど続き『あ、これやばいやつだ』と自覚しました。

それより前から【気分が落ち込む】症状がずっと続いてはいましたが、

その段階では【誰にでもある】ものだと思っていました。

不眠も最初1~2日はそれだけ気持ちが沈んでいるだけと考えるようにしていました。

しかし、そもそもの眠気が来ないことに違和感を覚えて自律神経が間違いなく異常だ、と。

当然、仕事も普段ならあり得ないようなミスやスケジュールの遅れがチラホラ。

そんな自分に更に気分が落ち込む負のスパイラル…。

初の精神科にお世話になる、という運びとなりましたとさ。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

昔は重度のキモオタ
今もキモオタ
未来はちょっとはマシなキモオタを目指してます!
現在は【適応障害】の為、療養中

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次